調査兵団 生き残り 9人

進撃の巨人で多くのメンバーが在籍していた調査兵団。
しかしウォールマリア最終奪還作戦で199人が死亡。

そのため今や調査兵団の生き残りはたったの9人へと減ってしまいました。
生き残ったメンバーは誰なのか、どうして生き残る事ができたのかを紹介したいと思います。

Sponsored Links

調査兵団の生き残りの9人

ハンジ・ゾエ

調査兵団団長

元調査兵団分隊長でエルヴィンの死後は調査兵団団長に就任。

調査兵団では随一の頭脳と巨人に対しての知識を持っている。
作戦立案・現場指揮・雷槍などの武器の開発など活躍は多岐に渡る。


ウォール・マリア最終奪還作戦では鎧の巨人と対峙。
鎧の巨人を雷槍で戦闘不能の状態まで追い込むも、鎧の叫びによって(ベルトルト達への合図)ベルトルトが現れる。
空中で巨人化したベルトルトにいたハンジは巨人化の爆風に巻き込まれてしまう。

しかし左目を負傷しながらも無事に生き残り、鎧の巨人にとどめを一撃を加えるきっかけを作った。

リヴァイ・アッカーマン

調査兵団兵士長

人類最強の兵士の異名を誇る。
その戦闘力は獣の巨人や女型の巨人など知性を持った巨人をも圧倒した。

性格は一見無愛想で冷酷に見えるが、エルヴィンなどの命令は受け入れ、エレン達を何度も助けるなどもしている。


ウォールマリア最終奪還作戦では獣の巨人と対峙。
エルヴィンを含む全新兵を囮にした作戦でリヴァイを獣の巨人の元に向かわせることに成功し、獣の巨人でさえも人類最強と呼ばれる圧倒的な力で勝利した。

しかし一度は捕獲したものの、最終的には車力の巨人に獣の巨人を奪われた。

エレン・イェーガー

調査兵団第104期訓練兵

進撃の巨人と始祖の巨人の能力の持ち主。
性格は猪突猛進。

巨人に母親を食われたことから「巨人の駆逐」を目的に調査兵団に入団。


巨人の能力が覚醒してからは調査兵団の最大の戦力として巨人と戦っていく。


ウォール・マリア最終奪還作戦ではアルミンの作戦で超大型巨人と戦う。
アルミンが超大型巨人の熱風に耐えている隙を付いて、超大型巨人を討ち取る事に成功する。

ミカサ・アッカーマン

調査兵団第104期訓練兵

現調査兵団の中ではリヴァイに次ぐ実力の持ち主。
性格は冷静沈着で無表情。
しかしエレンのことになると極端に感情的になり、命令違反を犯し、回りを危険に及ぼすることもある。


ウォールマリア最終奪還作戦ではサシャ、コニー、ジャン、ハンジの連携プレーで雷槍でとどめの一撃を与えて、ライナーを倒すことに成功した。

アルミン・アルレルト

調査兵団第104期訓練兵

超大型巨人の能力の持ち主。
性格は優しく、気弱な人物。

調査兵団では頭脳を活かして、作戦立案や現場指揮などに携わる。
現在までにエルヴィンやリヴァイも思いつかない作戦を立て、幾度も調査兵団・人類のピンチを救っている。


ウォールマリア最終奪還作戦ではエレンとともに超大型巨人を討ち取るために作戦を立てる。
アルミンが超大型巨人を疲弊させ、その隙を付いてエレンは超大型巨人を倒す。

アルミンの作戦は成功。
しかしエレンの目の前には黒焦げになったアルミンが・・・。

しかしアルミンはまだ生きており、アルミンとエルヴィンのどちらかに注射を打つか迷った上でリヴァイはアルミンを選んだ。
注射を打たれ後にベルトルトを食らったアルミンはエレンと同じように巨人化できる人間となった。

ジャン・キルシュタイン

調査兵団第104期訓練兵

ひねくれた性格をしており、エレンとは馬が合わずに衝突を繰り返していた。
調査兵団では巨人との戦いながら、現場を指揮することもあり、状況判断に優れている。


ウォールマリア最終奪還作戦ではアルミンの代わりに現場を指揮をした後は鎧の巨人と対峙。
ミカサ、コニー、サシャを指示を送り、鎧の巨人を倒すことに成功した。

コニー・スプリンガー

調査兵団第104期訓練兵

小柄で坊主頭が特徴。
作中でコニーの家族を含む故郷の村人全員が獣の巨人によって、巨人にされてしまった。


ウォールマリア最終奪還作戦ではミカサ、ジャン、サシャと共に鎧の巨人と対峙。
鎧の巨人の顎に雷槍を打ち込み、鎧の巨人を討ち取ることに成功した。

Sponsored Links

サシャ・ブラウス

調査兵団第104期訓練兵

見た目は普通の少女だが、破天荒過ぎる食い意地をしており、かなりぶっ飛んだ人物。
弓矢を使っての攻撃を得意としている。


ウォールマリア最終奪還作戦ではミカサ、ジャン、サシャと共に鎧の巨人と対峙。
鎧の巨人の顎に雷槍を打ち込み、鎧の巨人を討ち取ることに成功した。

しかし鎧の巨人に雷槍を打ち込む際に巨人の攻撃を受けて、重傷を負ってしまった。

フロック

調査兵団第104期訓練兵

元駐屯兵団でウォールマリア最終奪還作戦直前に調査兵団へ編入。


ウォールマリア最終奪還作戦ではエルヴィンの作戦で獣の巨人に向かっていった。
その後は獣の巨人の投石によって、重傷を負ったエルヴィンを担いでリヴァイの元に届けた。

エルヴィンの作戦を遂行して、唯一生き残った。

さいごに

ウォールマリア最終奪還作戦で調査兵団の生き残りはたったの9人になってしまいました・・・。
生き残りのメンバーは奇しくもほとんどが104期。


進撃の巨人の舞台は現在4年後。
生き残りのメンバーは調査兵団の主力になっていることは間違いありません!

たださすがに9人ではマーレに太刀打ちするのは無理でしょう。
新兵が大幅に増えているとは思いましが、その際、この9人の立場は相当上になっていることでしょう。


マーレ編での登場が楽しみですね。

Sponsored Links