進撃の巨人第23話「女型の巨人」で初登場した女型の巨人。
今までの巨人とは明らかに違い、体の硬質化や知性があり、調査兵団に大打撃を与えました!

その女型の巨人の正体は、すでに判明しています!
正体はエレン達と同じ訓練兵第104期のアニでした!

今回は女型の巨人の正体がアニと発覚するまでをまとめてみました。
またアニのその後を追跡します。

Sponsored Links

アルミンがアニに接触したことでアニの正体が発覚!

女型の巨人は


リヴァイ班を全滅
リヴァイにも手傷を負わせる
エレンを連れ去る
など



調査兵団に大打撃を与えました。

その女型の巨人の正体が発覚したのはウォール・シーナのトロスト区でエレン・アルミン・ミカサがアニに接触した時!
ここで女型の巨人の正体が発覚します!


その女型の巨人の正体はアニでした。


女型の巨人の正体を見破ったのはアルミン!

ウォール・シーナでアルミンがアニに接触した目的はアルミンのアニ=女型の巨人だという疑念を確信に変え、女型の巨人の正体を特定・確保するため。


エレンとミカサとアルミンはアニの元を訪れて、王政に引き渡されそうになっているエレンを逃がすためにアニに協力を仰ぎました。
しかしこれは罠で女型の巨人をアニと特定し、捕縛する作戦を進行していました。


しかしアニはアニで何かあるな?
と予測して指輪を付けいることが確認できます。





アニの正体が女型の巨人だと確定し、捕縛しようとしますが、指輪に針が仕込まれており女型の巨人に変身してしまいます。

その後エレンとアニは戦闘に突入!
お互いにダメージを受けて、アニは逃走を図ります。

しかし最後は壁をよじ登るアニをミカサの刃がとらえて、アニは敗北。
調査兵団に捕縛されます。

女型の巨人の正体がアニと特定された理由

女型の巨人の正体を見破ったのはアルミン!
アルミンは女型の巨人と何度か戦う中で、いくつかの根拠からアニ=女型の巨人であると推測し、正体が発覚しました。

そのアルミンの根拠はまとめてみました。

アルミンを見逃した

第57回壁外調査の際に女型の巨人に踏み潰されそうになるも間一髪で防いだアルミン。
しかし馬から落ちてしまい、絶体絶命の状況に陥ってしまいます。


死を覚悟したアルミンでしたが、女型の巨人はアルミンのかぶっていたフードを上げて、顔を確認し、そのまま放置して走って去ってしまいました。

これは同じ釜の飯を食ってきた第104期の同期だから見逃したんですね。

アルミンの「死に急ぎ野郎」に反応

時間稼ぎのために女型の巨人と戦闘するジャン、ライナー、アルミン。
この時にアルミンは第104期訓練兵しか知り得ないエレンのアダ名「死に急ぎ野郎」という言葉をあえて使い、女型の巨人の反応をみました。

女型の巨人はこの言葉に反応しました。

エレンが女型と巨人で戦闘した時に感じたこと

エレンは女型の巨人の戦闘した状況を思い出し、戦闘中女型の巨人の戦い方がアニの格闘術に似ていた事に気づきました。

アニがマルコの立体機動装置を所持していた

アニはソニーとビーン(生け捕りにしていた無知性巨人)を倒した際に自分の立体機動装置を使用しました。
その犯人は見つからずじまいでした。

犯人が立体機動装置を装着して逃走したことが濃厚だったため、調査兵団全員の立体機動装置を検査されました。
この時にアニは立体機動装置を使っていたことがバレるのを恐れ、マルコが所持していたマルコの立体機動装置を提出していました。


しかしアルミンはマルコと一緒に整備した事がありキズやヘコみを見てアニがマルコの立体機動装着を持っている事が分かった。

アニのその後は?

アニは調査兵団に捕縛されました。
そして女型の巨人とアニの事を詳しう調べようとしますが、アニは自らの体を水晶体で覆ってしまいます。

Sponsored Links

この硬い結晶体を壊す事ができず、アニは地下深くに収容されています。


舞台は4年後・・・

その後アニはどうなったのでしょうか?

女型の巨人の能力を持った人物がエルディア人から生まれていないことから、アニは女型の巨人の能力を所持したままパラディ島にいることは間違いないと思われます。


4年後、マーレとの戦いの中でアニが登場すると思います。
壁内の科学技術を大幅な進歩を遂げていると思われますので、アニは水晶体から抜け出ている可能性は高い。


そうなるとアニの選択肢は


壁内側につくのか?
マーレ側につくのか?



この二つしかありません。
今後登場するとなるとエレン達、壁内側の人間に味方する可能性が高いように思えますね。

さいごに

今回はアニが女型の巨人の正体だと発覚するまでの流れをみていきました。
正体がわかったのは、完全にアルミンのおかげですね。

今後アニがどのような登場をするのか?
非常に楽しみですね!

Sponsored Links