約束のネバーランドでエマ達に希望の光を照らしてきたミネルヴァ。
そのミネルヴァがついに正体を現しました!

今回はエマとルーカスが接触したミネルヴァについてみていきましょう!

Sponsored Links

ついにミネルヴァと接触!?

ルーカスと出会い、ペンを使って、ついにゴルディ・ポンドに到着したエマとルーカス!
そこにはエレベータが。

人間の世界に戻れるのではないかと期待を膨らませる二人。
しかし・・・そのエレベータは機能停止。


そこに突然電話が鳴る!


「ウィリアム・ミネルヴァです」


ミネルヴァの電話に驚くエマとルーカス。
ミネルヴァは話し始めます。


まずはエマとルーカスが乗ったエレベーター。


このエレベーターは過去に人間の世界へ戻るための入口でした。


しかし現在は使うことができません。


その理由とは・・・


腹心の裏切りにあい、道を塞がれてしまった


腹心とは誰なんですかね?
ミネルヴァは腹心の他に「あの子」とも呼んでいました。


⇒ミネルヴァを裏切ったピーター・ラートリーの正体と裏切りの目的は?


ゴールディ・ポンドもミネルヴァが過去に作った集落で、過去には安全でしたが、その腹心によって、現在の密猟場のようになってしまいました。
そしてミネルヴァは自身の正体について語り始めます。

ミネルヴァの正体とは?

ミネルヴァの正体は・・・


1000年前に人間と鬼で交わした約束を結んで人物の末裔


そのミネルヴァの役割は人間と鬼の世界の調停役を受け継いできた一族。


⇒鬼と人間の世界を二分した約束について


そしてミネルヴァというのも架空の名前で本名は

ジェイムズ・ラートリー


人間界のためにも架空の名前を使わざるを得ず、秘密裏に動いてきました。

ではなぜエマ達にヒントを与えるようなことをしていたのか?

それは


罪ほろぼしがしたかったから


そのためミネルバァは


人間の世界へ行き来できる入口
ゴールディ・ポンドという集落



を作っていました。

ミネルヴァの現在は?

ではそのミネルヴァは現在どこにいるのでしょうか?

実はミネルヴァは・・・


すでに亡くなっています


一族から追われる身となっていたようで、この電話を最後に残したようですね。


エマのいる世界は2046年
ミネルヴァの最後の電話が2031年

となるとミネルヴァは、15年も前に亡くなっているんですね。

ミネルヴァの残した希望

エレベーターは塞がれてしまいましたが、他にも人間の世界に戻る方法や希望があることを伝えます。


4つの高級農園=GF農園にも人間界に戻る入口があること
食用児の支援者もいること



そして15年前の世界から語りかけるミネルヴァは最後にエマ達に三つの選択肢を与えます


一つ目は・・・
エマと仲間達と秘密裏に人間界に渡る


二つ目は・・・
人間と鬼の約束を壊す


三つ目は・・・
どちらでもない


三つ目を選択した場合は

「七つの壁を探しなさい」
「あとの詳細は”マーヴィンの寝床”に」



と最後の言葉を残して。
七つの壁とはムジカがエマに教えてくれたことですね。


ただ


人間の世界に渡ると鬼の世界にいる人間が
人間と鬼の約束を壊すと人間界にいる人間が



どちらを選択しても犠牲が出るため、エマは三つ目の選択肢を選びそうですね。


マーヴィンの寝床には何があるのか?
これによって今後のストーリーが大きく変わりそうです!

さいごに

エマとルーカスが会いたかったミネルヴァ!
しかしすでに15年前に亡くなっていました。

そして


ミネルヴァは人間と鬼の約束を結んだ一族の末裔


ということもわかりました。

Sponsored Links

今後は七つの壁を目指す旅がスタートしそうですね。

Sponsored Links