約束のネバーランドでミネルヴァはピーター・ラートリーという人物の裏切りに合ったことが、第73話で明かされました。
今回はこのピーター・ラートリーの正体となぜミネルヴァを裏切ったのか?
その目的についてみていきましょう。

Sponsored Links

ピーター・ラートリーの正体とは?

約束のネバーランドの第72話に登場し、ミネルヴァが裏切りにあった人物。
この人物の名前が第73話で明かされました。


その人物の名前は・・・

ピーター・ラートリー!

このはピーター・ラートリーはラートリー家の代36代当主で人間と鬼との調停役。

そしてミネルヴァの実の弟!


ミネルヴァの名前はジェイムズ・ラートリーでしたよね。
ミネルヴァは実の弟の裏切りに合って、始末されてしまったようです。


ただミネルヴァ本当に亡くなってしまったんでしょうか?
2031年ではミネルヴァの死体は見つかっていないとピーター・ラートリーは、話しています。

もしかしたらミネルヴァの登場の可能性も、まだあるのではないかと思っています。


⇒ミネルヴァの正体とは?

ピーター・ラートリーが裏切った理由は?

なぜピーター・ラートリーはミネルヴァを裏切ったのでしょうか?
ただここに一つ認識の違いがあるようです。


ミネルヴァはピーター・ラートリーが裏切ったと思っているようですが、ピーター・ラートリーの方は

ミネルヴァがラートリー家と人間の世界を裏切っている

と思っています。


それはもちろん

食用児の脱走
シェルター
集落
など

食用児が人間の世界に向かう手助けをしていたため


ピーター・ラートリーには

食用児は誰一人人間の世界へ渡らせない
そう望む食用児は一人残らず抹消する

という調停役の信念があります。


ただシェルターまではピーター・ラートリーは見て見ぬふりをしていたようですね。

しかし集落は人間の世界に行くための拠点になるのを怖れて、ミネルヴァを狙いました。
あそこには人間の世界に行くエレベーターもありましたしね。


ピーター・ラートリーは、彼なりに人間と鬼の世界の秩序を守ろうとしていたのだと思われます。
その心に裏がなければですけどね。

ピーター・ラートリーの現在は?

ミネルヴァが最後のメッセージを録音した15年後。
現在も人間と鬼の世界の調停役はピーター・ラートリーなのでしょうか?

ピーター・ラートリーはおそらく20代前後。

現在は30代半ば。
そう考えると現在も調停役はピーター・ラートリーで間違いなさそうですね。


ただピーター・ラートリーはラートリー家の第36代当主とは言っていますが、実は父親もまだ生きていて、ピーター・ラートリーの力になっている可能性もあるかもしれません。

約束のネバーランドは、ストーリー的にまだまだ続くと思われますが、それにしては調停役のトップの名前が出るのが、少し早いような気がします。


ちなみにピーター・ラートリーは現在ノーマンの父親になっています。


⇒ノーマンは生存している?最期の「え」の意味は?

さいごに

約束のネバーランドは結構テンポが良く、進んでいきますね。
毎週いろいろな謎が解明されていっています。

今回はピーター・ラートリーの正体に着目しました。

今後2046年のエマ達の前に現れるのか?
登場しそうな気配はしますけどね。

Sponsored Links
Sponsored Links