キングダムで元三大天藺相如の側近の尭雲(ぎょううん)と王騎の矛と意志を受け継ぐ信が対峙しました。
二人の対決の最後はどうなるのでしょうか?

この対決は3日目の最大の見どころですね!

今回はその尭雲(ぎょううん)と信の対決の最後はどうなるのか?
結末を予想していました。

Sponsored Links

尭雲(ぎょううん)は1・2日は中央軍に配置

尭雲(ぎょううん)は藺相如の死後、長年王都邯鄲を守ってきた武将。
邯鄲で李牧で合流する。

そして秦と趙の戦が始まり、尭雲が配置されたのは李牧のいる中央の閼与軍!

1日・2日目は中央軍には動きはなし。
そのため尭雲が力を発揮することはありませんでした。

しかし2日目の夜に李牧は尭雲の元を訪れて、3日目に尭雲の軍は動き出します。

尭雲(ぎょううん)は3日目は援軍として中央軍から右翼へ

3日目に中央軍から右翼へ1万の援軍とともに現れる尭雲!
尭雲の軍は元藺相如軍!


⇒尭雲と藺相如の過去と関係を紹介


圧倒的な力で亜光軍を次々と蹴散らしていく。


亜光軍を救出に行く王賁だったが、それを読んでいた趙軍は王賁を包囲して、窮地に陥れる。


⇒玉鳳隊のメンバー一覧!関常や宮康などの部下を紹介


そこに現れたのは


信と飛信隊!


飛信隊は尭雲の動き合わせて、援軍として右翼に到着します。

その数は・・・

全軍八千人!!

これまで左翼で戦っていた飛信隊の主戦場が右翼に決まります!
右翼は趙の将が厚かったですからね。

飛信隊の登場で右翼は一旦落ち着きます。


そしてその飛信隊に対峙するのが、尭雲軍。
尭雲軍を相手にする飛信隊は強さは互角ながら後手に後手に回り、押されてしまう。

尭雲が本能型の将が原因ということに気付いた羌瘣は河了貂と全軍の指揮を信に委ねることを決める。


⇒羌瘣のモデルは実在する?史実を紹介


しかし信と尭雲では、やはり尭雲が一枚上手!

その中で信は尭雲の狙いが本陣であることに気付き、ついに信と尭雲が対峙する!


⇒飛信隊のメンバー一覧!副長や千人将なども紹介

尭雲と信の一騎討ち!

尭雲は信と同じ本能型の将。
隙を作り、本陣を攻め入った尭雲を迎え撃ったのは同じく本能型の信!

しかし圧倒的な武の力で信は窮地に追い込まれていく。


ましてや信はまだ王騎の矛を使いこなせていませんからね。

王騎の矛を使いこなして、覚醒しないと尭雲には勝てそうもありません。


尭雲は戦いの中で王騎の矛を受け継いだ信に対して

ただ矛をもらっただけ
ただ運がよかっただけの男だ

という発言に激昂!
反撃に転じる。


ここまで尭雲は傷一つ負っていません。
それに対して、信は尭雲の攻撃を受けて徐々に傷を負っていきます。


⇒信の武器は?王騎の矛と漂の剣を紹介

⇒王騎将軍の最期とは?信や騰への最後の言葉も紹介!

尭雲(ぎょううん)と信の最後の結末は?

尭雲と信の一騎討ちの最後の結末は信が勝つことは間違いない!
まぁ主人公ですし・・・。
史実を考えても負ける訳ありません。


今後の尭雲と信の一騎討ちを見る上で


・王騎の矛を使いこなせるのか
・覚醒するのか
・3日目に決着が着くのか



このあたりがポイントになってきそうです。


少なくとも尭雲には王騎の矛を使いこなさないとまず勝てないでしょう!
この辺で使いこなす展開がないとおかしいですし。

もう「王騎の矛を使いこなせてない!」を聞きたくない笑


すでに活躍している蒙恬・王賁に対して、まだ何の戦果も残せていない信。
そろそろ何かしらの戦果が上げると思います。

その戦果が尭雲を討つことになると思われます。


趙は中央軍・右翼・左翼にまだまだ強力な将を何人も抱えています。
そのため尭雲との対決は3日目に結末を迎える可能性が高いように思います。

そうならないと趙との戦いはあと10年位続いてしまいそうです笑
こういう漫画の見方は良くないと思いますが・・・。

Sponsored Links

さいごに

ついに激突する信と尭雲!
この対決の最後の結末はどうなるのでしょうか?

信が勝って、将軍に昇格!
が一番可能性の高そうな展開ですかね。


ただ趙との戦いはまだまだ続くので、この対決はそう長引かないと思います。

⇒鄴攻めから趙を防衛する将軍や武将達を紹介

Sponsored Links