ハンターハンター カキン王国 王子

ハンターハンターのカキン帝国の王子は14人いますが、多すぎて誰が誰だかわからくなってしまいますよね。

今回はそのカキン帝国の王子14人と守護霊獣を一覧でまとめてみました。

Sponsored Links

カキン帝国の王子と守護霊獣一覧

第1王子 ベンジャミン

母:ウンマ

巨体で筋骨隆々な肉体が特徴の武闘派。
素手でライオンを締め上げる腕力を持っている。

第4王子ツェリードニヒは実の弟。
ツェリードニヒとは母親が同じということも合って、何かしらの因縁めいたものがあるのかもしれません。


14王子の中で念能力の持ち主の一人。

現在各王子に私設兵を刺客として送っている。
14王子の刺客ビンセントはクラピカとビルで撃退した。


■ 守護霊獣




⇒ベンジャミンの念能力の星を継ぐもの(ベンジャミンバトン)とは?

第2王子 カミーラ

母:ドゥアズル

美人でありながら、禍々しい雰囲気を醸し出している人物。
世界中の人々を意のままに動かしたいという傲慢な性格。

セレモニー会場では第1王子ベンジャミンといきなり衝突。
王子の中で念能力の持ち主の一人。


■ 守護霊獣




⇒カミーラの念能力の百万回生きた猫を紹介

第3王子 チョウライ

母:トウチョウレイ

念に関しての、情報を求めて、14王子の元に直接連絡をしてきた王子。

シマノ曰く優しさと残酷さを併せ持つ。
そして出来れば争いを避けたいと思っている。

現時点で王子達の中では、良識のある人物のように思えます。
罠かもしれませんが・・・


■ 守護霊獣



第4王子 ツェリードニヒ

母:ウンマ

クラピカが探す緋の眼を持つ最後の人物。

一見知的で好青年にように思えるが、その正体はサディスティックで残虐!
第1王子ベンジャミンは実の兄でもある。


セレモニー会場で第5王子のツベッバに手を組むことを持ちかける。
ツェリードニヒは、これに了承する。
(お前が生きてればな)
と心の中でつぶやきながら。

王位継承戦では不気味なことに現在の所は積極的には動いていない。
第14王子ワブルの最大の敵となると思われます。


■ 守護霊獣




⇒ツェリードニヒと幻影旅団との関係!
⇒ツェリードニヒの天才的な念能力の才能!

第5王子 ツベッバ

母:ドァズル

メガネをかけた女性。

王位継承戦を実質上位5人のサバイバルと考えている。
その上で第1・2・3王子に対して、粛清するべきと思っている。

セレモニー会場で第4王子のツェリードニヒに手を組むことを持ちかけ、ツェリードニヒからは了承される。

また第5王子直属マオール少尉は電話でクラピカと話して、念の情報と引き換えに休戦協定を持ちかける。


■ 守護霊獣



第6王子 タイソン

母:カットローノ

護衛にイケメンをズラリと並べているのが特徴。
自身の護衛を顔で選んでいる。
ハンター試験に私設兵を出さなかった。

現在クラピカの師匠のイズナビが警備に付いている。


■ 守護霊獣



第7王子 ルズールス

母:ドゥアズル

髪型が特徴の王子。
第2王子カミーラと第5王子ツベッパが姉で第9王子ハルケンブルグが弟にあたる。

兵がハンター試験に合格できずに全員不合格になる。
第4王子ツェリードニヒに嘲笑われていた。

現在ノストラード組のバショウが警備に付いている。


■ 守護霊獣



第8王子 サレサレ

母:スィンコスィンコ

女性を侍らせている男。
王位継承戦に興味がない。


■ 守護霊獣



第9王子 ハルケンブルグ

母:ドゥアズル

Sponsored Links

全ての王子の中でトップクラスの優秀さを誇る。
王族政治を変えようと目論んでいる。

第2王子カミーラと第5王子ツベッパは姉で第7王子ルズールスは兄にあたる。

最初クラピカはツェリードニヒとの繋がりがあるとみて、接触しようとしていた人物。


■ 守護霊獣



第10王子 カチョウ

母:セイコ

第11王子フウゲツは妹にあたる。
そのフウゲツのことを「フーちん」と呼んでおり、回りからは仲睦まじい姉妹だと思わせている。

継承戦ではフウゲツとその護衛のことを利用して、勝ち残ろうと画策する。

現在センリツが警備に付いている。

第11王子 フウゲツ

母:セイコ

第10王子カチョウとは姉妹。
カチョウのことを「フーちん」と呼び、表面的には仲睦まじい姉妹を演じている。

カチョウには継承で利用されている。

第12王子 モモゼ

母:セヴァンチ

巻き髪にいつもの編み物をしているのが特徴の女性王子。
第13王子マラヤームは弟にあたる。

継承戦では表立っての行動はまだないが、自身が王の器であるという意識がある。

現在ハンゾウが警備に付いている。


■ 守護霊獣



第13王子 マラヤーム

母:セヴァンチ

ハムスターが好きな幼い少年。
第12王子モモゼは姉にあたる。

現在ビスケが警備に付いている。

第14王子 ワブル

母:オイト

幼子の王子。
クラピカが警備を担当する王子。

今回の渡航の目的が最後の一人まで生き残るまで行う王位継承権だと知り、王位継承から離脱したいと考えている。
王位にはハルケンブルグ王子がなることを望んでいる。

さいごに

この記事ではカキン帝国の王子14人を紹介しました。
王子は全員姿を現していますが、守護霊獣については、まだ登場していない人物がいます。

そして守護霊獣の能力についてもわからない念獣がほとんどです。

どんな守護霊獣の能力があるのか?
楽しみですね。

Sponsored Links