ハンターハンター 念能力 系統

ハンターの条件である念能力!
その念能力には6つの系統があります。

今回は念能力の6つの系統を系統別にまとめてみました。
またどの系統に属するのかを調べる水見式についても合わせてみていきましょう。

Sponsored Links

水見式の方法

念能力はハンターになるための最低条件!
念の会得は裏ハンター試験の合格の基準にもなっています。

念能力は6種類の系統に分類され、力を最大限引き出すためには自分に合った能力を身に付けることがあります。


自分のオーラがどの系統に属するのか?

これを調べる方法が存在します。

それが心源流に伝わる選別法で


水見式!!


心源流はネテロ会長が作った流派ですね。


その水見式のやり方は


・グラスの中に水をたっぷり満たし、その水面に葉を一枚浮かべる
・グラスに手を近づけ錬を行う

この時の水の変化で念能力の系統がわかります。


各系統の水の変化

強化系・・・水が溢れる
変化系・・・水が甘くなる
具現化系・・・水に不純物が混ざる
操作系・・・葉が動く
放出系・・・水の色が変わる
特質系・・・上記5つ以外の変化



ゴンとキルアはこの水見式を天空闘技場で心源流拳法の師範代であるウイングから教わりました。

念能力の系統別一覧

強化系

強化系とは・・・


ものの持つ働きや力を強くする能力


己の肉体を強化するというシンプルな戦闘スタイルで、戦闘に特化した能力。
6系統の中では最も安定していると言われている。


性格的には強化系の能力者の性格は単純で一途の者が多いようです。


強化系の能力者

ゴン
ネテロ
ウボォーギン
など

変化系

変化系とは・・・


オーラの性質を変える能力


変化系は戦闘向きな能力ながら、それ以外にも利用できる応用力の高い能力ですね。


キルアはオーラを電気
ヒソカはオーラをガムとゴム

に変化させています。

最近の登場人物には変化系が少し少ない印象がありますね。


性格はきまぐれで嘘つきといった特徴があるようです。
まさにヒソカ!
ビスケも容姿ごまかしてますし笑


変化系の能力者

キルア
ヒソカ
ビスケ
など

具現化系

具現化系とは・・・


オーラを物質化することができる能力


クラピカは
シズクは掃除機(デメちゃん)
ゲンスルーは爆弾

を具現化して武器にする。

また戦闘以外にもノヴのような特殊な能力を持った能力者もいるようですね。


具現化系の能力者の性格は神経質な人物が多いと言われているようです。


具現化系の能力者

クラピカ
シズク
ゲンスルー
など

操作系

操作系とは・・・


物質や生物を操る能力


イルミは
シャルナークは携帯電話
モラウはキセル

を使って、人や物を操っています。


性格的には我が道を行く人物が多いようです。


操作系の能力者

イルミ
シャルナーク
モラウ
など

放出系

放出系とは・・・


オーラを体から離しても維持することができる能力


放出系の能力者は念を弾丸にしたり、離れた位置にいる敵を殴ったりすることができる。

この能力を利用して

レオリオは離れた位置に座るジンを殴る
フランクリンは念弾を放つ
レイザーはバレーボール型の念弾を放つ

などで攻撃していました。


性格的には短気で大雑把な人物が多いと言われています。


放出系の能力者

レオリオ
フランクリン
レイザー

特質系

特質系とは・・・


他の5系統とは異なる特殊な能力


特質系は修行によって会得することはできず

生まれつき
特殊な環境で育つ
後天的に変わる場合もある

などが会得するためには必要となる。


特質系の能力者は特殊な能力の持ち主が多く

Sponsored Links

クロロは他人の能力を盗む
パクノダはサイコメトリー的な能力
ピトーは治癒能力

と他の能力者では取得不可能な有益な能力を持っている人物が多い。


性格的には個人主義でかつカリスマを備えた者。
まさにクロロですね。

また作中では明らかにはっきりと明らかにされていませんが、メルエムも特質系だったのではないかと思われます。


特質系の能力者

クロロ
ピトー
クラピカ(緋の眼発動時)

さいごに

今回は念能力を系統別に紹介しました。
ただハンターハンターには数多くの登場人物がおり、まだどの系統の能力者か不明な人物も多いです。

ビヨンドネテロをはじめとした暗黒大陸探検隊
十二支ん
カキン帝国の王子や護衛達
など

どの系統に属するのか?
どんな能力の持ち主なのか?

楽しみですね。

ただ作者は能力を考えるのたいへんですね・・・。

Sponsored Links