キングダム 王騎軍 武将

キングダムで六大将軍の王騎が率いる王騎軍!
当時の王騎軍は

大将軍の王騎
将軍の騰
将軍級の5人の軍長

で構成されていました。

現在それぞれの武将が成長して、大将軍や将軍になっています。

今回はその王騎軍のメンバーを一覧で紹介します。

Sponsored Links

王騎軍メンバー

王騎

王騎軍 将軍
六大将軍

秦の怪鳥の異名を誇る伝説の武将である六大将軍の一人。
昭王時代に六大将軍に任命されて、それから長きに渡り中華全土に名を轟かせ続けた。

昭王や政と同じ中華統一を夢見る一人。
政を仕えるべき王と認めた上で昭王の遺言を伝えた。


馬陽戦では総大将として出陣するが、李牧の策に敗北。
最後は信や騰などに思いを伝え、見守られながら死んでいった。


⇒秦の旧六大将軍一覧!王齕・胡傷・司馬錯なども紹介

⇒王騎将軍の最期とは?信や騰への最後の言葉も紹介

元王騎軍副官
現大将軍

王騎が認めていた側近。
剣を「ファルファル」と変な?音を出しながら攻撃する。


武と知を兼ね添えた人物で著雍戦後に大将軍に昇格。

王騎の夢見ていた中華統一を目指している。
そのために信の若手世代の台頭が不可欠と考えている。


現在秦屈指の実力を誇るが、何を考えているかよくわからない性格をしており、よく王騎のものまねをしています。

特に録嗚未とのボケとツッコミのやり取りはおもしろいですね。

録嗚未

元王騎軍第1軍長
現将軍

王騎軍で最強と呼ばれていた男。
(もちろん王騎と騰は除く)

信より上・王翦や桓騎より下の世代にあたる。

性格は気が短く、いつも怒っている。
信達の若手世代に悪態を付くことが多い。


合従軍との戦いでは楚軍第一軍の本陣を突破し、敵将臨武君と交戦。
臨武君の武力に圧倒されるが、騰によって救援される。

また媧燐軍が投入した戦象の指揮系統を見極めて、親玉を打った。

その後敵に囲まれて窮地に陥るが、干央と共に包囲網を抜けて、本陣に向かう媧燐軍を退けた。


魏国との著雍戦では三つの内の一つの主攻を担当。
きっちりと役割を全うした。

隆国

王騎軍第2軍長
現将軍

現在は騰軍の参謀役。

馬陽攻略戦では蒙武軍と共に進軍。
王騎が死の間際に伝えた言葉の証人になった。

著雍戦では河了貂の策に協力することによって、羌瘣を本陣に向かわせる事に成功した。
信や河了貂などにガミガミと口うるさく信は隆国を苦手としている。

鱗坊

元王騎軍第3軍長
現将軍

合従軍との戦いでは序盤で秦に侵攻する楚の5万の軍勢を5千の兵で足止めをするべく、立ち上げる。
その後録嗚未と共に楚の将軍臨武君と交戦。

しかし戦いの最中、白麗に頭部を射抜かれる。

干央

元王騎軍第4軍長

王騎が総大将を務めた馬陽攻略戦では飛信隊を率いて第4軍で出陣。
信が敵将馮忌を討ち取ったことを声高々に宣言した。

龐煖の夜襲に駆け付けるが、同じく夜襲に来た万極と交戦している中、隙をつかれて致命傷を負ってしまう。


合従軍との戦いでは録嗚未と共に敵陣に取り残されるが、敵陣を破って、本陣に向かう媧燐軍を退けた。

同金

元王騎軍第5軍長

Sponsored Links

合従軍との戦いでは序盤で秦に侵攻する楚の5万の軍勢を5千の兵で足止めをするべく、立ち上げる。
その後楚の将軍臨武君との一騎討ちになり、一撃で倒されてしまった。

王騎軍の中では最も活躍の機会がなかった。

さいごに

キングダムの秦国の軍の中で王騎軍はおそらくトップクラスの実力を誇っていたと思われます。
また相当いい人材が揃っていましたね。


王騎軍に所属していた武将は、現在でも相当高い地位にいます。

騰なんて大将軍になっていますから!
録嗚未も将軍に昇進して、戦場で安定して、力を発揮しています。


王騎軍の中で騰と録嗚未が六大将軍入り!
なんてことも今後考えられますね。

ただ騰と録嗚未が話しているのを見たりすると今でも王騎将軍を思い出してしまいます・・・。

Sponsored Links