キングダム 玉鳳隊 メンバー

キングダムで独立遊軍の一つの玉鳳隊!
その玉鳳隊のメンバーは隊長の王賁をはじめ、貴士族中心に構成されています。

今回はその玉鳳隊のメンバーをみていきましょう。

Sponsored Links

玉鳳隊のメンバー一覧

王賁(おうほん)

玉鳳隊 隊長
五千人将

王一族の次期当主。
六大将軍級と言われている王翦将軍が父親。

玉鳳隊では幼少期から鍛えた槍術は魏火龍七師で魏国史最強の槍使いと称される紫伯を討ち取るなど、相当な実力を誇る。

また隊長として、隊を引っ張りつつ、軍師の役割も担う。
著雍戦では王賁の戦略を騰が取り入れ、著雍を攻略した。


王家の一族の当主として中華に名を刻む大将軍になる


という責務を持って戦に身を置いている。
関常には父親の王翦に認めてもらいたいという私情があることも指摘されている。


エリート思考が強く、元下僕の信とはすこぶる仲が悪い。
しかし著雍戦で三つの主攻の一つを飛信隊に任せるなど実力を認めているようにも思えます。


趙国との鄴攻めの戦では、敵将馬南慈と一騎討ちを繰り広げている。
現在は右翼で趙峩龍と対峙。


⇒六大将軍が復活!?候補の武将を予想

番陽

副長

幼少時代から長きに渡り、見守る人物で王賁を最もよく知る人物の一人で王賁からの信頼も厚い。
戦場では王賁の代わりに指揮を取ることもある。

飛信隊のことを当初は見下していた。


暁攻めであと寸前の所で信に助けられた。

関常

千人将

魏との著雍戦の半年前に王翦直々に玉鳳隊に派遣した元王翦軍所属の千人将。
王翦が何かしらの意図を持って、派遣したと思われるが、詳細は謎。

王翦とは異なる戦術を取る王賁に著雍戦で苦言呈して、わだかまりを残すが、後に王賁と紫伯との戦いの中で王賁の真意を聞く。
その後は王賁の命に背くことはなくなった。


趙国との鄴攻めの戦では、王翦に対して感情的になる王賁を諭し、王賁を馬南慈の元に向かわせるために敵の足止めする。

宮康

元王翦軍の関常千人将と共に玉鳳隊に入ってきた人物。
王翦軍とは異なる玉鳳隊の戦い方に戸惑っていた。

趙国との鄴攻めの戦では、ガードはしていたものの馬南慈を矛を受けて、吹き飛ばされた。

松豚

元王翦軍の関常千人将と共に玉鳳隊に入ってきた人物。
王翦軍とは異なる玉鳳隊の戦い方に戸惑っていた。

趙国との鄴攻めの戦では、王賁を馬南慈の元に向かわせるために関常と敵の足止めをした。

さいごに

玉鳳隊の王賁は将来的に六大将軍入りするのは確実。
現時点で信や蒙恬などの遊軍の隊長の中では王賁は最も将軍に近いといえます。

騰と昌平君さえ反対しなければ、著雍戦後に将軍でしたからね。


鄴攻略戦で武功をあげて

王賁・信・蒙恬の三人将軍に任命!

という流れになる可能性が高いですね。


また王賁に関しては、父親の王翦との関係も今後明かされてくると思われます。
そこも楽しみですね。

Sponsored Links
Sponsored Links