キルア アルカ その後

ハンターハンターにおいてキルアは再起不能状態となってしまったゴンを助け出すための唯一の方法として、ゾルディック家の第4子アルカの能力を使うことを決めます。

そして幽閉されていたアルカを連れ出し、彼女の能力を使ってゴンを復活させた後、キルアはずっとともに旅をしてきたゴンから離れ、アルカとともに旅をすることになります。

今回の記事では二人の旅が始まるまでの経緯とキルアとアルカのその後について考えていきましょう。

Sponsored Links

キルアがアルカを外に連れ出す

シルバやイルミなどゾルディック家が恐れるアルカの能力は


アルカの三つのおねだりを叶えることを条件にどんな願い事でもかなえられる


という特殊な能力のため、ゾルディック家の監視の元、長い間幽閉されていました。

キルアはイルミの針が原因で大切にしていた妹のアルカのことを忘れてしまっていた。


キルアが再起不能となってしまったゴンを救うために考えた方法は妹のアルカの能力を使うこと!

そのためゾルディック家の監視の元、長い間幽閉されていたアルカをキルアは外に連れ出しました。


その後ゾルディック家のインナーミッションを経て、ゴンを復活させることに成功しました。


⇒キルアとアルカ・ナニカの関係と能力を紹介

キルアと一緒に旅に出る

キルアはゾルディック家のインナーミッションの中で自分自身を戒め、アルカを一生をかけて守ることを誓います。


そもそものキルアのゴンとの旅の目的は

「やりたいことを見つける」

というもの。


キルアはアルカを思い出したことで「アルカを守る」という目的ができました。

ただこれがキルアのやりたいことに当てはまるのか?
というと少し微妙な気がしますが。


そのためキルアは復活したゴンと別れ、アルカとともに新しい旅に出ることを決めました。

その決意の中ではずっと幽閉されていたアルカに外の世界を見せてあげたかったという兄心もあったのかもしれない。


ただアルカは能力が原因で幽閉されていたので

旅に出て大丈夫?

という不安もありますよね。


アルカの能力を狙っているのはイルミ!

イルミはキルアをコントロールして、アルカの能力を手に入れようとしているくらい欲しています。
ただすぐに動くことはないと思います。


⇒キルアとイルミの関係!針の呪縛とは?


またキルアはナニカに

「他の奴のお願いなんてもう聞くな!」

と言っているので、もうナニカが願いを叶えることはないでしょう。


さらに現時点でナニカの能力の事を知っているのは

ゾルディック家
ヒソカ
ゴン

くらいしかいません。


そのため奪われる心配はないと思います。


⇒ゾルディック家の家族と兄妹まとめ

キルアとアルカはその後暗黒大陸編に登場するか?

アルカとナニカは暗黒大陸に大いに関係しています。

それはナニカの正体が

暗黒大陸の五大災厄の一つであるガス生命体アイ

と思われるため。

五大災厄のガス生命体アイとは「あい」と返事をし、「欲望の共依存」と呼ばれていた暗黒大陸の生命体である。


彼女がガス生命体アイであると考えられる理由は

ナニカがキルアに対し「あい」と返事をしていたこと
ナニカ(アルカ)は暗黒大陸出身
ナニカとの時の姿

のためです。

ナニカ(アルカ)が暗黒大陸出身なのはコミックス33巻でにのっていました。


⇒暗黒大陸の五大災厄と危険生物評価のランクを紹介


ナニカがガス生命体アイだとしたら、出身地である暗黒大陸の物語では彼女の出自やゾルディック家に拾われた理由が解き明かされることが予想されます。

その場面にはアルカとキルアの二人が、最低でもキルアがいることは間違いないでしょう。

ただアルカはしらばくしたら、キルアをゴンの元に返すような口だったので、アルカ自身は暗黒大陸に来ないかもしれませんね。


今だ謎に包まれまくりのアルカ=ナニカの正体ですが、暗黒大陸編で明らかにされていくでしょう。

Sponsored Links
Sponsored Links