ミネルヴァ 本 メッセージ

約束のネバーランドで図書館で見つけたウィリアム・ミネルヴァの本!
この本とミネルヴァはエマ達が脱獄をする上で重要になっていきます。

今回はミネルヴァが本に込めたメッセージと本の謎について迫ってみたいと思います。

Sponsored Links

フクロウの本

脱獄計画の下見の話をしている中でエマはノーマンとレイを図書館連れて行きます。

「紹介したい人がいます!」

と。


エマが手に取ったのは図書館の1冊の本。
この何気ない本の中に一人の人物があるメッセージを込めていました。


その人物の名前は・・・


ウィリアム・ミネルヴァ!!


ウィリアム・ミネルヴァはフクロウが書かれた蔵書票をモールス符号にして、メッセージを巧妙に隠していました。


このことに気付いたのがレイとフィル!
モールス符号のメッセージについて、エマに教えたのはフィルでした。


フィル将来フルスコアになるんじゃないですかね。
明らかに他の子供達とは違います!

ミネルヴァからの本のメッセージとは?

ミネルヴァが鬼やママに見つからないように巧妙に隠していたモールス符号の本のメッセージには


RUN(逃げろ)
DOUBT(疑え)
DANGER(危険)
TRUTH(真実)
HARVEST(収穫)
MONSTER(怪物)
FARM(農園)



ということが書かれてありました。

このメッセージはハウスの外にいる人間からハウスにいる人間へ向けられたメッセージだとレイは推測します。


ミネルヴァと本についてわかったことは


ミネルヴァは農園の秘密を知っている
ハウスの外部には味方がいて、間接的に助けようとしてくれている
本は一番新しい発行のもので2015年



ということ。

ただ本にはまだ謎もありました。

ミネルヴァが残した謎の2冊の本

ミネルヴァの本のメッセージにいきついたエマ達でしたが、本の中には


モールス符号の意味がわからない本
モールス符号がない本



謎の2冊の本がありました。




その1冊の本のモールス符号には

PROMISE(約束)

というメッセージが。


もちろんこの時点でのエマ達には見当もつきません。
ただこの2冊の本が今後の道標になるのでないかとエマは直感的に思っています。

レイには若干バカにされてましたけどね笑


ちなみにPROMISE(約束)の謎が解けるのは脱後後のことになります。

ミネルヴァの本の1冊は冒険のガイドブックだった!

エマとレイを含めたハウスの15人の脱獄後にミネルヴァの本で新たなことがわかります!

それはミネルヴァの本が脱獄後の未知の世界を旅するための


ガイドブックだったということ!


ミネルヴァの冒険小説に書いてある内容は外の世界を生き抜くための


危険
対処
敵の弱点
など



を教えるためのものでした。


エマはこれを動物を食べる植物の餌場に落ちた際に気づきました。

そしてこのピンチをミネルヴァの本を使って、回避することに成功しました。


以後ミネルヴァの本を頼りに脱獄した15人はミネルヴァに会いにいくことを決めます!

さいごに

エマ達の脱獄計画の中で直面した問題。
それは脱獄後に鬼がいる世界でどう生き抜いていくかということ。

ミネルヴァはそのエマ達の希望になりましたね。


ただミネルヴァは

生きているのか?
亡くなっているのか?

そこについては謎のままです。


エマ達は脱獄後にミネルヴァに会うことを目標にしていきます。


ちなみにウィリアム・ミネルヴァは原作でもまだ登場していません。

ミネルヴァとは、どんな人物なのか?
登場が楽しみですね。

Sponsored Links
Sponsored Links