キングダム 羌瘣 史実

キングダムでは飛信隊の副長でありながら、凄まじい剣技で武功を上げていき、ついには三千人将になった羌瘣(きょうかい)!
史実では、その羌瘣(きょうかい)には

モデルとなる人物はいたのでしょうか?
そもそも実在したのでしょうか?

今回は羌瘣(きょうかい)のことを史実を元にまとめてみました。

Sponsored Links

羌瘣(きょうかい)とは?

蚩尤の一族。
信とは信が初めて戦場に立った魏との戦いで出会う。


長年姉の羌象の復讐を果たすためだけに生きてきたが、信と飛信隊の仲間達と出会ったことで徐々に気持ちに変化が生じ、飛信隊を自分の居場所だと感じるようになっていく。


⇒飛信隊のメンバー一覧!副長や千人将なども紹介


そして復讐を果たした後は飛信隊に戻り、秦の将軍なるという目標を立てる。


現在は天下統一の第一歩として鄴へ攻め込んでいる。


羌瘣(きょうかい)のモデルは実在する?

飛信隊に所属する羌瘣(きょうかい)は史実でモデルとなる人物はいたのでしょうか?

実は・・・


羌瘣(きょうかい)は実在します!


ただキングダムでは羌瘣は女性ですが


男か?
女か?



はっきりしていません。
というか女性の可能性は低いと思われます。


そしてキングダムでは蚩尤の一族として長年復讐を果たすためだけに生きてきた羌瘣(きょうかい)。
この羌瘣の設定はキングダム独自のものです。


またキングダムでは飛信隊に所属していますが、史実ではそもそも飛信隊というものもありません。

そのため


信のモデルであった李信との接点も記録にはないようですね。


⇒信のモデルは李信将軍?史実を元に最後も紹介


キングダムを見てから、史実がわかると李信将軍と関係がなかったのは、不自然に感じてしまいますね。


羌瘣(きょうかい)は主に王翦将軍の元で副将をすることが多かったようです。
ただ秦の中で役職は将軍までなったことはわかっています。

秦の天下統一に貢献した武将の一人なのは間違いないですね。

羌瘣(きょうかい)は史実での活躍は?

羌瘣(きょうかい)が最も活躍したのは紀元前229年に趙へ王翦と楊端和と共に侵攻した時。


現在キングダムでは趙の鄴を攻めていますが、鄴攻略戦は紀元前236年のため、鄴攻めとは異なります。
ちなみに鄴攻めの将は王翦と楊端和と桓騎の三人です。


史実では紀元前229年に趙へ侵攻した時には


紀元前228年に邯鄲を落城
趙のほぼ全領土を平定
趙国の王の幽繆王は捕らえられる
など



羌瘣の活躍もあって、趙を滅ぼしています。

キングダムでは、この羌瘣の役回りは信に回ってくる可能性ありますね。

さいごに

羌瘣(きょうかい)は史実では王翦将軍や李信将軍などと並ぶ天下統一に貢献した将軍の一人。
現在は飛信隊の副将で三千人将という立場ですが、今後も武功をグングン上げて、キングダムでも史実と同様になるでしょう。


史実にはないことでは信との関係がやはり最も気になりますね。
史実の羌瘣はおそらく男。

そのため信と羌瘣の関係がどうなっていくかは、全くわかりません。


信と羌瘣は二人共に大将軍になって、ゆくゆくは六大将軍入りし、最終的には一緒になるかもしれませんね。


⇒信の嫁は羌瘣か河了貂?結婚するのは誰と?


そうなると王騎と摎のようですね。


⇒摎と王騎の関係を紹介!その正体は昭王の娘だった?


羌瘣(きょうかい)は史実での活躍はもちろんですが、キングダム的にも大将軍・六大将軍になると思われる武将です。
天下統一をする中で史実では描かれていない活躍もするはず!

今後どのような武功を上げて、どんな武将を討ち取るのか楽しみですね。

Sponsored Links
Sponsored Links