キングダム 禍燐 史実

キングダムの合従軍との戦いで登場した禍燐(かりん)!!
この禍燐の登場は秦や他の国にも衝撃を与えました。

女性で大将軍兼宰相にまで上り詰めた禍燐は史実には登場するのでしょうか?
また実在するのでしょうか?

今回は禍燐(かりん)についてまとめてみました。

Sponsored Links

禍燐(かりん)とは?

楚の宰相兼大将軍の武将。
合従軍戦の初登場以降は各国に戦の天才として一目置かれている。


その禍燐は春申君曰く「性格に問題あり」と言われるほど性格は超ドS!


部下をいたぶる・罵る
数々の命令違反
など



やりたい放題!


戦い方は目の前の敵ではなく


秦の将である騰を狙う
函谷関の突破
など



戦場の盤面を広くみて、最終的に戦に勝つための動きを取ることが多いですね。


合従軍戦後に楚は元宰相であった春申君が李園により暗殺。
それを機に二宰相制を導入し、禍燐は宰相の一つの席についた。

キングダムでの禍燐(かりん)の活躍

これまでにキングダムで楚との戦いがクローズアップされたのは合従軍戦のみ。
禍燐(かりん)は、その合従軍戦で天才の片鱗をみせています。

騰軍を包囲

戦象を使って、秦の注意を十分に引き、その間に騰軍の陣形を完全に包囲しました。
これによって騰軍は四方八方から禍燐軍から絶え間ない攻撃を受けることになります。

函谷関の裏を取る

禍燐(かりん)は自身の精鋭部隊五千人を函谷関の裏側に送ることに成功しました。
これまでのすべての行動がこのために仕組まれたものでした。

ただ王翦によって防がれてしまいましたが。

禍燐(かりん)は史実で実在する?

楚に禍燐(かりん)という人物は史実で実在するのかというと・・・


禍燐(かりん)は史実で実在しません!


しかも禍燐のモデルとなった武将っぽい人もいないんですよね。
そのためキングダム完全にオリジナルのキャラになります。

意外とめずらしいですよね。


楚では項燕が有名ですが、今後楚と戦う際に禍燐にはかなり苦しめられそうですね。

他の武将はある程度、史実に沿って描かれると思いますが、禍燐は自由に書けるので、何か起こしそうですよね。

禍燐(かりん)の弟は昌平君なのか?

禍燐(かりん)のことで一つ気になることがあります。
それは李園と禍燐が話していた時のこと。


李園から語られたのは・・・


禍燐はまだ少女の時、幼い弟を探して荒野を彷徨っていた

と。


いつも余裕の表情の禍燐もこの時だけは怒りをあらわにします。

李園はこれ以上つっこみませんでしたが、これは何かしらの伏線でしょう!


幼い弟とは誰のことなのでしょうか?
この話の出し方からするに、今後禍燐の弟は登場してくると思います。

しかも重要な人物であることが予想されます。


一つ言われているのは・・・


弟の正体は昌平君なのでは?


「えっ!?」


と一見思いますが。


禍燐と昌平君ともに楚出身

また昌平君は史実では天下統一の夢半ばで秦を裏切り、項燕の手引きで最後は楚の王にまでなっています。

そのため禍燐の弟が昌平君というのは、ないこともないかなと。


ちなみに史実で昌平君は秦をなぜ裏切ったのかがわかっていません。

そのため


昌平君の裏切りは姉である禍燐が関係している


と考えるとつながりそうです。

楚に侵攻した際に禍燐と昌平君で何かしらの出来事がありそうですね。


顔も性格も全然違いますけどね。
禍燐と違って、昌平君寡黙ですし。

さいごに

楚の宰相の禍燐(かりん)!
合従軍戦では秦を苦しめて、秦を滅亡のあと一歩の所まで追い詰めました。

Sponsored Links

今後秦と楚が戦いには、楚側ではメイン級の扱いで登場すると思います。


その禍燐は史実で登場していません。
そのため今後禍燐がどんな展開をキングダムに及ぼすか読めません。

きっととんでもない爆弾を用意しているはず。
それが実は弟が昌平君!

という可能も十分考えられますね。


楚は七国の中では最後に滅亡する国。
そのため大々的に登場するのは、かなり先になると思います。

Sponsored Links